脳内ライブラリアン

脳内ライブラリアン

医療、健康、統計、哲学、育児・教育、音楽など、学んだことを深めて還元するために。

MENU

イマヌエル・カントの思想②

前回に続いてイマヌエル・カントについて。「カント入門 石川文康著」を中心に要約します。 カントってどんな人 カントは1724年生まれ、前回みていたアダム・スミスとちょうど1歳違いですね。関連はあまりありませんが、アダム・スミスと仲の良かったデイヴ…

イマヌエル・カントの思想①

哲学について素人が学んでみるシリーズです。 さて、前回アダム・スミスについて学んでみましたが、次は同時代ながら関連はあまりないカントについて本を読んでまとめてみます。 カントについて高校時代の知識で学んだことと言えば、「定言命法(条件付きでは…

ガンマ関数とベータ関数の関係性を整理【統計検定1級対策】

通勤時間で色々本は読むのですが、いかんせんブログを書く時間が作れません。 今日はとりあえずさっとできそうなことで、引き続き統計の勉強内容を書きます。 ガンマ関数とベータ関数は統計のみならず、必要となってくる内容らしいですが、統計学ではガンマ…

統計数理で使うマクローリン展開・テイラー展開を再確認してみた

さて、ほとんどの地域で警戒宣言も解除され、徐々に普段の生活に戻りつつある今日この頃ですが、我が家は第二子が生まれたこともあって、最近はひたすら三食の準備と家事と上の子の散歩に日々追われております。 今日はなんと上の子が夕方ごろに急に寝てしま…

教育の奥深すぎる底が垣間見える「幼児教育の経済学」

以前に読んだ「学力の経済学」でもよく取り上げられていた、ノーベル経済学賞受賞者でもあるジェームズ・J・ヘックマンの著作である「幼児教育の経済学」を読んでみたので紹介します。 幼児教育の経済学 作者:ジェームズ・J・ヘックマン 発売日: 2015/06/19…

最も気さくな行動経済学本「予想どおりに不合理」

以前に読んだ「学力の経済学」で著者がダン・アリエリーの本に強く影響を受けた、と書き出しに書いてあったので、調べて本買ってみました。 これが読んだらまた面白かったので、3冊ほど同じ著者の作品を買ってしまいました。今回紹介するのは著者の中でもベ…

コロナウイルスの抗体検査で今後注目したいこと・注意したいこと

昨日のニュースでコロナウイルスの感染状況把握のため、抗体検査を1万人規模で実施していくという報道がされました。 www3.nhk.or.jp 感染状況の把握には役立つと思うのですが、数値の解釈や抗体検査そのものについて知っておきたいこと、注目するべき点を普…

BCG接種とCOVID-19についてのresearch letter“SARS-CoV-2 Rates in BCG-Vaccinated and Unvaccinated Young Adults”

2日前にイスラエルから興味深い論文がJAMAに出ていたのでご紹介します。 https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2766182 コロナウイルス感染とBCGワクチンとの関連についてです。BCGワクチン接種が義務化されている国などで感染者数が少ないの…

日本の教育に対する著者のため息が聞こえてくる「学力の経済学」

育児関連の本をまた読んでみたので紹介します。 5年前の本にはなりますがこの本もエビデンス重視されており、説得力をもって参考になりました。 「学力」の経済学 作者:中室 牧子 発売日: 2015/06/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) 著者は「教育経済学」…

アダム・スミスの「道徳感情論」②

前回までの記事はこちら アダム・スミスはいつ生まれてどんな人だったか? - 脳内ライブラリアン アダム・スミスの「道徳感情論」① - 脳内ライブラリアン 今回の記事では道徳感情論の話と これが見えざる手と何の関連してくるの?という話を書きます。 前回…

アダム・スミスの「道徳感情論」①

引き続きアダム・スミスについて学んだことを。 前回記事はこちら アダム・スミスはいつ生まれてどんな人だったか? - 脳内ライブラリアン 前回では社会的背景とアダム・スミスの生涯について簡単に書きました。 以前書いた通り“見えざる手”という言葉が市場…

大人が身につけることが難しい「モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽勇気くしたオックスフォード児童発達学博士が語る自分でできる子に育つほめ方叱り方」

我が家に第二子も生まれた、ということで 育児書熱がまた上がってきまして、こちらを読んでみました。 モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 作者:島村華子 …

SARS-CoV-2のPCRと抗体検査について

JAMAの論文で新型コロナウイルスのPCRと抗体検査の 検査精度を簡単にまとめた論文がみやすかったので紹介します。 Interpreting Diagnostic Tests for SARS-CoV-2-JAMA PCRと抗体検査の性能は? よく見たら横浜市立大学の微生物学の先生が書かれていますね。…

検査による確率変動の算出方法 -尤度比と検査前後確率/オッズについて-

医師が診断をするときにどのように その病気らしい/らしくない、を判断していくのか。 具体的な確率で数値化することは情報が揃っていればできます。 ただ診断をつけるときにその疾患である確率を 実際の診療で細かく計算したり、イメージすることはないので…

アダム・スミスはいつ生まれてどんな人だったか?

先日第二子が生まれたので更新はゆっくりになりそうです。コロナの関係で出産時含めて全然会えないので、まだ実感がしっかりわきません。会うのが楽しみです。 最近経済思想史の入門書を読んで 1700年代の人から色々と興味のある哲学や経済史を学んでみよう…

医療者が哲学・倫理・経済を知る意味

以前から興味はあったのですが 哲学史、経済思想史などをぼちぼち本読みながら まとめていこうかなと思ってます。 普通に医者やるだけなら必須ではないと思いますが 何でそれをやろうと思うのか目的からまず書こうと思います。 医学には答えがないことも多い…

群発頭痛の発作期治療の論文"Prednisone in Short-term Prevention of Episodic Cluster Headache"

今回は専門の話。 2020.5.1にNeurologyから群発頭痛の発作期治療としての プレドニンのRCTの論文が出ました。 群発頭痛といえば 今まで発作期→再発予防期の薬剤までのつなぎに 酸素投与ぐらいしかなかった印象で プレドニンは効果あるけれど エキスパートオ…

現代数理統計学の基礎 6章 問15

久々になりましたが統計学基礎の解説に戻ります。 問14は3章の別の問題の結果を多用しすぎていて 正直解説が若干めんどくさい、、、ので問15。 母数θを用いた関数の不偏推定量について 与えられるクラメールラオの不等式の問題です。 コーシーシュバルツの不…

実際の論文から統計を学んでみる⑤-Cox比例ハザード回帰とは-

実際の論文をみつつ統計学習をしてきましたが 今回の論文についてはここでいったん最後です。 使用している論文がこちら "Neck weakness is a potent prognostic factor in sporadic amyotrophic lateral sclerosis patients" (Nakamura R, Atsuta N, Watana…

サイコホラーとコメディの絶妙なハーモニー「人魚姫のごめんねごはん」野田宏、若松卓宏

堅めな記事ばっかりなのでたまにはマンガの話でも。 最近はコロナによる外出自粛の影響で オンラインのマンガもタダで読める量を増量されていることが 多いです。 読み直してもやっぱり面白いな、と思ったので いまさらながら「人魚姫のごめんねごはん」につ…

実際の論文から統計を学んでみる④-ログランク検定は何をしているのか-超幾何分布

引き続き 実際の論文をみつつ統計の学習してみます。 使用している論文がこちら "Neck weakness is a potent prognostic factor in sporadic amyotrophic lateral sclerosis patients" (Nakamura R, Atsuta N, Watanabe H, et al Journal of Neurology, Neur…

読書術について書かれた本をまとめてみる②

前回に続いて読書術の本紹介をします。 「知識を操る超速読術」Daigo 「読んだら忘れない読書術」 樺沢紫苑 「読書の技法」 佐藤 優 前回記事はこちら 読書術について書かれた本をまとめてみる① - 脳内ライブラリアン このあたりが3冊がおすすめでしたが そ…

読書術について書かれた本をまとめてみる①

読書術についての本は以前から ちょくちょく読んでいたのですが 自分の読書経験もそこそこに増えてきたので なんとなく自分が正しいなと感じる読書術と そうでない読書術がわかれてきました。 そこで、今まで読んだ読書術本をまとめて おすすめを紹介してみ…

実際の論文から統計を学んでみる③-ログランク検定は何をしているのか-カプランマイヤー曲線

さて、ログランク検定が具体的に何をしているのか 掘り下げてみようと思います。 使用している論文がこちら "Neck weakness is a potent prognostic factor in sporadic amyotrophic lateral sclerosis patients" (Nakamura R, Atsuta N, Watanabe H, et al …

実際の論文から統計を学んでみる②-ログランク検定とは-

前回から続きまして 実際の論文をみつつ統計の学習してみます。 使用している論文がこちら "Neck weakness is a potent prognostic factor in sporadic amyotrophic lateral sclerosis patients" (Nakamura R, Atsuta N, Watanabe H, et al Journal of Neuro…

実際の論文から統計を学んでみる①-比例ハザード性とは-

今回は医師向けの内容です。 最近数理統計学をそれなりに勉強したので 多変量解析とか生存時間解析などの 応用分野に手を伸ばし始めています。 これでようやく普段読む論文の解析内容に近づいてきました。 そこで、論文の内容みながら 解析方法についてどん…

より良いアイディアを職場で生み出すには?「ORIGINALS 誰もが『人と違うこと』ができる時代」

職場において 「もっとこれをこうしたら仕事が楽になるなあ」と改善したいことや 問題が生じて「どうしたら同じことが起きないようになるだろう」と 思った際に、提案が常に必要とされます。 また、医師としてどのようなキャリアを歩むか考えるときに 「今の…

アートとサイエンスは対立しているのか?「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか 山口周著」

読みたい本は結構溜まってきているのですが コロナ感染を少しでも防ぐために車通勤にしているもので オーディオブックしかできないんですね。 家と職場では読む時間もかなり限られるので。 なので、愛用のオーディオブック.jpにて本を買ってますが 本が限ら…

現代数理統計学の基礎 6章 問13-4

(4)はn→∞のときの漸近分布を求める問題。 これも解答に誤植があるのかなという気がしますが。 (3)で使ったように でした。 よって定数θを掛けると となります。 (解答はここで分散が2θになっていますが 最終的な解をみても2θ2乗な気がします) そうすると求…

瞑想アプリ「headspace」で10日間マインドフルネスをやってみた

以前紹介した瞑想実践アプリ「headspace」ですが Basicsコースの10回分が終わったので実感含めた感想を書いてみます。 前回記事はこちら 瞑想アプリ「headspace」を始めてみた - 脳内ライブラリアン 体験期間について補足しておくと 一週間は無料体験期間で…