脳内ライブラリアン

読書した本や学んだことをまとめつつ記事に。職業は医師なので医療絡みがメイン。

ポルトガル語 一般動詞編②

今日は更新する元気があまり残されていないのでさらっといきます。

 

前回に続いて一般動詞の活用です。今回はar形。

 

gostarを例にします。

これはde(英語でいうof)という前置詞と必ずセットで用いて、〜が好きです、という意味になります。活用の仕方は

 

eu gosto

 

você  gosta

 

ele/ela gosta

 

nos gostamos

 

vocês gostam 

 

eles/elas gostam 

 

となります。

例文としては

Eu gosto de churrasco.

私はシュラスコ(牛の串焼き、ブラジルの肉料理)が好きです。

 

というようになります。

シュラスコ…美味しいですよね。

 

Até logo!

今後にまだまだ期待 〜ZOZOスーツを買ってみた〜

ちょっと今更ながらZOZOスーツ買ってみました。

 

日経トレンディpodcastを通勤時に聞いているんですが
それで取り上げられていまして。

 

もともと知ってはいたんですけど、どういうものなのかそこまで
詳しくも知らず、ただのサイズ合わせの全身タイツという程度で
知識が留まっていました。

 

ZOZO TOWN自体が比較的すぐに配送でき、かつ値段面も
お手頃なものが多いと聞いており
最近忙しくて服を買いに行けない+子どもに家計圧迫され始め
安く服を手に入れたい自分のニーズとマッチしたので
今後を考えてZOZOスーツを買ってみました。

 

・ZOZOスーツとは

 

話題にのぼっているのでご存知の方は多いと思いますが
着て写真をスマホで撮るだけで自分の首回り、股下、腕周りなど服に必要な情報を
計測してくれるというシロモノであります。

 

オーダーメイドのシャツを他で買う場合も使える気もしますが
ZOZO TOWN限定の自ブランド商品が現在いくつか入手可能になってきており
自分にぴったりのオーダーメイド品が計測直後からすぐに手に入るという
素晴らしいサービスが展開されています。

 

・使い心地は?

届いて早速着てみましたが完全にタダの全身タイツですね。
江頭みたいだね、と妻に言われました。

 

2m弱の距離とスマホを置く台があれば1人でもすぐに計測はできました。
簡単です。

 

ZOZOのオーダーメイド品はオックスフォードシャツや長袖・半袖Tシャツ
ジーンズなど汎用性が高い品が揃えられており3000ー7000円前後と
ファストファッションに比較的近い金額となってます。


自分は結構細身なので市販品だと胸回りがぶかぶかとか腕のとこが短いとか
微妙に合わないことが多いのでこうしたオーダーメイドが安価にすぐ買えるという
のは本当に有難いです。値段もお手頃なのも非常によいポイント。

 

今は比較的汎用性の高い商品のみとなっていますがこれから
もっと商品展開が増えたり、他のブランドの商品でも体にマッチするものを
選んだりしてくれるかもしれないな、という期待もありますね。

 

さて、商品が届くのはまだ2週間以上は先になりそうなので
もう一度届いたときにはレビューしようと思います。

ESUS (Embolic Stroke of Undetermined Source)について②

引き続きESUSについて。

 

現在ESUSの原因として挙げられるものには以下のものがあります。

・低リスクの心内塞栓源
・大動脈粥腫状病変
・腫瘍関連
・奇異性塞栓
(・潜在性発作性心房細動)

順番に見ていきましょう。

 

1、低リスクの心内塞栓源

大動脈弁狭窄、キアリ網などなど
心臓の構造異常あるいは不整脈も含めて
統計や症例報告上はリスクがあるが、高いリスクとは
言えないものが挙げられています。
循環器疾患なので一つ一つはあまり詳しく語れないです・・・。
詳しくは前回の参考文献参照ください。

 

2、大動脈粥腫状病変

動脈自体に高度の狭窄がなくてもその変化が潰瘍状になっていたり
する場合は、塞栓源となり得ることが病理所見からも証明されているようです。
もともと動脈硬化の強い症例で両側散在性の梗塞のような
頭蓋内血管単一の異常で説明できない場合は3DCTなど
大動脈の詳細な評価が必要なのではないでしょうか。
症例報告で聞いたものでは大動脈原性の脳梗塞を繰り返すため
なんと大動脈置換した、というものもありました。驚きです。

 

3、腫瘍関連

いわゆる広義のトルソー症候群ですね。
腫瘍による凝固異常あるいは腫瘍自体による腫瘍塞栓が原因となり
起こる場合です。進行癌で起きる場合が多い印象ですが
実際どうなのでしょうか。この辺りはまた詳しく調べたい分野です。
有効な治療は現状ヘパリンに限られています。

 

4、奇異性塞栓

右左シャントによって起きるものです。
PFOやASD、肺動静脈瘻などが原因となります。
昨年の複数のstudyでPFO closureの脳梗塞予防に対する
有効性が証明されたため注目を浴びており
積極的に検索する意義が上がってきたかもしれません。
第一選択とすべき検査はTransEsophageal Echocardiography(TEE 経食道心臓超音波)
ですが、なかなか検査の施行率は高くないことが今後の課題です。

 

5、潜在性発作性心房細動

7〜30日に渡って心電図モニタ計測を継続したところ10〜20%で
新規の発作性心房細動が認められた報告があり、入院中の検査や
論文で推奨される24時間の心電図ではやはり拾いきれない部分はあるようです。
必ずしもそれが全部脳梗塞の原因となっているかは不明ですが。


こうして原因を見てみると意外と多様な病態の寄せ集めで
できているようで、中々ESUSをまとめて単一の治療法というのは
確立できなさそうですね。


次回は治療について書きます。

ESUS (Embolic Stroke of Undetermined Source)について

ちょっと調べていたのでたまには医学の話題を。

 

ESUSという概念は2014年ごろから出てきたもので

原因不明の塞栓性の脳梗塞の話です。

 

もともと1990年代のTOAST分類において

脳梗塞はアテローム性、ラクナ、心原性と主だったもの以外に

潜因性脳卒中(Cryptogenic Stroke)という原因のはっきりしない

脳梗塞のためのカテゴリがありました。

 

これも経食道超音波検査、コントラスト心エコーのような技術の発達に伴って
左右シャントや卵円孔開存、心房中隔瘤、大動脈粥腫などが脳梗塞の原因として
指摘され始めた時期に、Mohrらがそれまでにはわからなかったリスクファクターとして
Cryptogenic Strokeと紹介し始めたのが由来とされています。(NEJM 1988; 318: 1197-1198)

 

欧米での大規模研究ではCryptogenic Strokeが脳梗塞全体の25%を占めるとされており
多くの症例でみられるようですが有効な二次予防策がわかっていないのが現状です。

 

Hartらが2014年Lancetのreview articleで潜因性脳卒中の大部分が塞栓性であることから
ESUS(Embolic Stroke of Undetermined Source)として取り上げたのが
このESUSという概念の一番代表的な論文となっています。

 

そこではESUSの診断基準として下記の特徴を挙げています。

 

①CTまたはMRIからラクナ梗塞ではない
②虚血性病変に供給する頭蓋内・外の血管に50%以上の狭窄を認めない
③高リスクに心原性塞栓を来す疾患がない(心房細動、心房中隔瘤など)
脳梗塞を来す特異的な疾患がない(血管炎、大動脈解離、片頭痛、薬剤など)

 

①でラクナ梗塞を、②でアテローム性、③で心原性を除外しているわけですね。
で、特異的な疾患(TOAST分類でいうところのStroke of other determined etiology)をのぞいたらESUSになる、というところでしょうか。

診断に推奨される検査として
1、CT or MRI 2、心電図 3、経胸壁心エコー 4、心電図モニタリング(24時間以上) 5、脳血管イメージング(カテ、MRA、CTangio、cervical duplex+transcranial doppler)が挙げられています。

 

基本のスクリーニングとして必要な検査ということでしょう。
確かにこのあたりは大抵の施設でやっています。

 

ESUSで想定される原因・再発予防についてはまた次回。

 

参考文献

Hart, Robert G., et al. "Embolic strokes of undetermined source: the case for a new clinical construct." The Lancet Neurology 13.4 (2014): 429-438.
↑  Lancetの論文、tableを見ていけば大体ESUSの大枠がわかるような感じです

ポルトガル語 一般動詞編①

今日はポルトガル語の気分なので再び文法説明。

 

一般動詞ですね。

-ir形、-er形、-ar形など原型となる動詞の語尾によって活用の仕方が変わります。

be動詞と同様、基本的に1人称2人称3人称と単数・複数の6種類で活用します。

 

今回はir形の動詞、abrirを見ていきましょう。

意味はopenと一緒で開くという意味です。活用は順番に

 

eu abro

 

você abre

 

ele/ela abre

 

nós abrimos

 

vocês abrem

 

eles/elas abrem

 

なんとなくbe動詞と似たような感じですね。

では例文。

O homem abre a janela. 

(The man opens the window.)

homem = man 男

janela = window 窓

 

Eu abro esta lata.

(I open this can 私は缶を開けた)

este/esta = this (後ろに男性名詞がつくか女性名詞がつくかで変わる)

lata = can 缶

 

活用形が結構多いようですが、今のところは現在形だけなので

まだなんとか、ってとこですかね。
Até a próxima!

第二言語学習でi+1レベルを上手に学ぶ方法②

前回述べたように第二言語で読み取ろうとすると思考力が落ちるため

複雑な内容が理解しづらくなることが問題となります。

そこですべき対処を考えてみました。

主にリーディングに関して述べます。

 

1、内容を変えずに難易度を下げる

 

1-1、分割する

困難であれば内容を細かく分割することが役立つことがあります。

段落ごとに区切って少しずつゆっくり理解していくことで

解決できる場合もあるでしょう。

ただ、インプットの量を増やすという意味では相反するため

必ずしも学習効果は保証できません。

 

1-2、分からないところは読み飛ばす

こちらのほうが現実的かもしれません。

内容の分からない文章や段落というのはどうしても出てくることがありますが

詰まっていると大まかな流れもとれなくなるので、思い切ってわからないところは

スキップし、1-1のように時間を取ってあとでゆっくりと読んでみることは

一つの手だと思います。

 

 

2、思考力を上げる

複雑な文章を読む場合、読んだような気持になっても

後から振り返ってみるとはっきりした内容が言えないことがあると思います。

日本語で本を読む場合も同じことがあるように思いますし、思考力の下がる

第二言語ではなおさらです。

こうしたときに思考を促すためには日本語の場合と同様に、アウトプットをする

という手段が役立つと思います。集中力を要する作業ですが、内容をまとめたり

複数の本の内容から自分の意見を書いたりすること、これが思考力を無理やり引き出すには一番いい手段ではないでしょうか。

 

3、難易度の高い内容はあきらめて無心でi+1レベルのものを読む

習慣化してしまえば意外と興味がない内容でもできるかもしれません。

ニュースサイトはVOA, TIME, Newsweek, CNN, BBCなど内容やレベルも多彩なので

自分にあった難易度のものを習慣づけて読むようにすれば何も考える必要はありません。個人的にはこれがあまり続かなかったのですが、決まった時間に繰り返すように

すれば人によっては合うでしょう。

 

とりあえずしばらく自分は2の方法でやってみようかなと思ってます。

本の要約か日記でも毎日書こうかな。

第二言語学習でi+1レベルを上手に学ぶ方法

英語もしくは他の第二言語を学ぶ場合、i+1レベルの難易度が学習に最適と
クラシェンは述べていますが、その難易度の内容に魅力を感じない場合
つまり逆に言えば自分が魅力を感じるものが難易度が高かった場合
どう対処すべきなのか、これが今回のテーマです。

 

・モチベーション(動機づけ)と言語学

 

英語の映画、アニメ、本、雑誌などその内容自体に興味をもつことは
言語学習の成功において非常に重要です。

 

1950年代後半以来、アメリカのロバート・ガードナーを中心とした
グループは「その言語の文化や人を理解したい」と考える「総合的動機づけ」が
長期的な学習意欲に繋がることを主張しています。
それに対し、その言語を学習することで金銭などを得ることを目的とする
「道具的動機づけ」は短期間の効果にとどまるとしています。

 

テレビでよく見るような「日本のマンガ・アニメが大好きな外国人」の方々は
「総合的動機づけ」に強く支えられているのでしょう。
確かに意欲に溢れていて、その短い勉強期間の割にはしっかりと日本語を話しており
驚きを感じることが多いです。テレビだけのステレオタイプなのかと思いきや
実際自分の知り合いにもそう言った契機で日本語を話せるようになった外国人を
ちらほら見るので決して間違った意見ではないのでしょう。

 

・興味をもつ内容が高度になればなるほど・・・

 

ただ興味をもつ内容がより高度なものになればなるほどi+1レベルからは離れていきます。
医学論文なんかは型にはまっているのでまだいいですが、一般書は結構難しく
ダニエル・カーネマンの"thinking fast and slow"を以前読んだのですが、頭の中に
残っているのは日本語に脳内で変換された朧げな内容のみです。

 

これを実証づける実験があります。
東京大学の心理学者の実験で、言葉を使う言語課題と言葉を使わない図形問題である
思考課題を同時に被験者に解かせることを行いました。ただし言語課題は母語、外国語と
それぞれ変えて行なっています。すると言語課題を母語でやった場合に比べ、外国語でやった場合は思考課題への干渉が強いことがわかりました。要するに、外国語で思考すると
母語に比べ思考能力が落ちるわけです。

 

こうなると困ってくるのが、母語で本来興味をもてるくらいの複雑な内容になると
深い理解ができない、というところです。

 

次回に続きます。

 

<参考文献>
白井恭弘 外国語学習に成功する人、しない人 岩波書店