脳内ライブラリアン

読書した本や学んだことをまとめつつ記事に。職業は医師なので医療絡みがメイン。

ポルトガル語 be動詞編①

前回に引き続いてポルトガル語文法について。


ポルトガル語を専門としているわけでもなければ
マスターしているわけでもないので間違い等ありましたらすみません。
あとポルトガル語はブラジル・ポルトガルで使われる単語などに違いがありますが
ここでは基本的にブラジルのほうで使われるもので紹介していきます。

 

今回はbe動詞です。
主語とbe動詞は英語でも最初の方に習う基本事項かと思います。

まず動詞自体は原型と活用形があり、この点は英語に類似します。


Be動詞にはserとestar(いずれも原型)の2つがあります。
serは永続的な状態を、estarは一時的な状態をを示す動詞です。

例えば名前など変わらないものであればser
感情など一過性のものであればestarを用います。

 

いずれも不規則動詞なので活用形は覚えるしかありませんが
前回紹介した主語に合わせて変化します。

 

eu sou

 

você é

 

ele/ela é

 

nos somos

 

vocês são

 

eles/elas são

 

またestarは

 

eu estou

 

você está

 

ele/ela está

 

nos estamos

 

vocês estão

 

eles/elas estão

 

と変化します。結局二人称・三人称は単数複数が同じなら一緒なんですね。
続いて例文です。

 

Eu sou um medico. 私は医者です。
Ela é minha esposa. 彼女は私の妻です。
minha =my esposa=wife

 

Eu estou cansado. 私は疲れました。

 

今回は現在形のみでひとまず終了します。
Ate amanha!