脳内ライブラリアン

読書した本や学んだことをまとめつつ記事に。職業は医師なので医療絡みがメイン。

言語の能力をワンランク上げる方法

しばらく更新できてませんでしたがまた2日に1回くらいはしょぼい

記事でも頑張ろー、というところで

じわじわ更新していきたいと思います。

 

今回は個人的な趣味に近い言語習得について。

 

自分のスキルは今のところ

英語はそこそこ、日常会話+α くらいのレベル

スペイン語、イタリア語、韓国語あたりは観光に行った時に

ちょっと勉強したレベルなんですけど、将来的にはpolyglotっていう

多言語話者になってみたいなーと未だに思ってます。

 

仕事上全然そんな必要もないし、趣味でしかないのですが

小さい頃から外国語って惹かれるものがあって

映画が好きだったからかなんだかよくわかりませんが。

そんな憧れもあって結構外国語の習得法の本はいっぱい読んでいます。

 

そこに書いてあったような内容で自分もやってみようと思えることを紹介していこうかなと思います。

初心者向けの話というのは色んなところに書いてありますが

ある程度話せる人、あるいが専門領域の決まった言語表現は

解説しているものがどうしても少ないです。

今特に自分は英語の伸び悩みをひじょーーに感じているので

そういった中級者くらいの人がワンランク上に行くにはどうしたらいいか

調べた中でお示ししたいと思います。

 

1. 目的を再確認する

 

とりあえず英語を学ぼう

なんて考える人は多いと思うのですが

 

なんの為に英語を学ぶのか

何を話したいのか

それを使ってどうしたいのか

 

本当に具体的に明示できる人はどれくらいいるのでしょうか

言語というのはあくまで道具・手段であって、目標そのものではないのです。

言語を使って何をしたいのか、それを明確にすることで

やるべきことが定まってきます。

 

どう使うにしても日常会話は必要だったりしますが

医療用語を知る必要があるか?それともビジネス英語なのか?

日本語でも自分の専門外の話をすると途端に幼稚な日本語になったりしますが

ワンランク上を目指すにはどこへ登るのかを明確にしないといけません。

 

それもより具体的なものがよく

医療英語であるなら、論文を書くのか、留学をするのか

はたまた海外で臨床経験を積むのか

 

どんなシチュエーションで話をするのか

教授とメールのやり取りをするのか

ケースレポートを書きたいのか統計を含めた研究報告を書きたいのか、両方なのか

 

より具体的な目標とシチュエーションを上げることでそれに応じた勉強法を

考案することができます。

 

2、目的に応じた教材を探す

 

昨今ではネット上に無料で多くの英語の文献がありますが

例えば論文を書きたいならNewengland journal of medicineの英語と日本語訳を参照に表現を学ぶことができますし、日常の診療であればyoutubeに診察動画も落ちていたりします。

またedx, courseraなんかは無料で授業の動画がありますし

TEDカンファレンスは非常にレベルの高い講演の仕方を学ぶことができます。

自分の英語の目標と合った教材となる英語サイトをみつけて

そこから学んで行くことが自学自習でワンランク上を目指すことに繋がってくると思います。